ヴィジランテ

現在の日本や海外では様々な映画やドラマで「自警団」(別称ヴィジランテ)をテーマにしたものがとても流行っています。

日本では堺雅人主演の「JOKER」など法律や司法では裁けない悪人や犯罪者を裁くようなスタンスのドラマがあります。

海外では「ARROW」や「ゴッサム」、「デアデビル」など自警団の存在の大きさや自警団本人の負荷や責任の大きさを強くフォーカスされた作品が数多くあります。

特に「デアデビル」という海外ドラマでは主人公のマット・マシュー・マードックは盲目の弁護士ですが、昼間に弁護士として裁判などで法律の網をかいくぐって無罪や不起訴処分になった犯罪者や悪人を夜中にデアデビルという自警団として物理的に制裁を加えていきます。

その後、その犯人に証言をさせて再び刑罰を喰らわせるという手法です。

この作品はかなりリアリティー重視であるヒーロードラマという点や主人公は極限まで訓練された普通の人間なので普通に銃撃で撃ち負けることもあります。

また、複数人の敵で負傷することもあります。

そして非番の看護師に手当されるシーンもあり人間味が漂う作品になっております。

主人公の自警団としての葛藤や今後も増え続ける悪人たちの不安など様々な形で奮闘します。

もし現代日本に「自警団」が存在したらどうなるのか?と私なりに予想してみました。

私個人的な予想ではまず数件の事件を解決したり数人の犯罪者や不起訴になった悪人を物理的に制裁を加えたことでメディアは騒然となります。

それか警察や公安の指示で各マスコミに圧力をかけて全くメディアやニュースにはならないの2つだと思います。

そして「バットマン」や「ARROW」の様に警察はその自警団を犯罪者として扱い彼の対策本部が設置されると思います。

そして恐らく公安などに世間には公表せず秘密裏に銃殺されるか逮捕されると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です