かびルンルン

梅雨は、傘が手放せない季節です。

「ジトジト・ジメジメ」という言葉が、合言葉になっているような毎日。

「梅雨に入った」と、神経を尖らせ掃除や洗濯物などの心配で頭を痛めます。

しかし、そう考え過ぎずに冷静になりましょう。

梅雨は、今年が始めての経験ではないはずです。

まず、最初に頭に浮かぶのは、「カビ対策」ですよね。

特に、浴室には最初に関心が注がれる場所でしょう。

そもそも、浴室はカビが繁殖するには持ってこいの環境になります。

入浴後に、水分を即座に取り除くことができ、また、湿度を下げることが可能になるのであればカビの繁殖を防げるのですが、いささか難しい作業のように思えます。

カビ対策としては「こまめな掃除に限る」ということになりますが、そう毎日“こまめな”も大変な労力になります。

少しでもラクをしたいというのが人の心理です。

そこで、入浴する時刻にもよりますが、最後の入浴者が浴槽の湯を抜くことと、拭き取れる場所だけで良いので水滴を取り除くこと、また、浴室の換気をフル回転させることです。

最後に、角隅にカビ対策用の洗剤を撒いておき、30分~1時間放置してください。

その後、さっと冷水で流すだけでOKです。

夜間遅くの入浴では、近隣の迷惑にもなるので、翌朝に流し落とすのも良いでしょう。

但し、毎回の入浴で洗剤を使う必要はなく、3回~5回に1回のペースで良いでしょう。

洗剤費用も馬鹿になりませんから。

それと、カビ専用洗剤は塩素を使っているので、締め切った中で使うと危険です。

換気をよくして使用してください。このちょっとした作業で、十分こまめな作業が出来たことにりますから、面倒とは思わず、実践してみてください。

少しの労力が大きな成果を生むこともあるのです。

きっと納得がいく結果があると思います。

ヘリオホワイトの口コミや効果

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です